トップイメージ

大部分の車の保険の会社は至れり尽くせりとCMを行いますが、自動車事故を起こした状況できちんきちんと取り扱ってくれるか心配です。

特にコールセンターで加入する事が出来るダイレクト型と呼ばれるお店が整っていない自動車保険の会社では直接対応していないという状態も不安になりがちです。

しかしダイレクト型自動車保険と実際に店を所有している自動車保険の会社の取り組みにほとんど相違はなく、ダイレクト自動車保険のほうが諸経費が削減できる分月々の保険料が安く抑えられているので事故が起きなければ保険料を下げることが可能です。

それじゃあ、自動車保険会社で対策に違いがでるかといえばあります。

その違いは代理店型の自動車保険、ダイレクト自動車保険といった事が理由ではなく、それぞれの自動車保険会社によって事故の取扱いをする時刻や曜日が異なることが挙げられます。

事故はいつあうか予想できませんので、事故の受付は1年中受付してくれるのは欠かす事のできない条件で、休日や夜遅くに起こってしまった事故対応がきちんとされていることをチェックすることが必要です。

中にはいつでも事故の受付という場合でも対応時間が休日は平日と違いがあり切り上げられる保険の会社もあったりしますので確認が重要です。

さらにひょっとしたらを想像して保険屋さんの対応拠点も正確に確認しておくことも大事です。

どれだけ自動車の保険会社でも事故処理拠点が多くなければ処置に時間がかかってしまうこともございますので、近所に処理拠点があるかを事故の対応の違いを評価する材料です。

ある程度の自動車の保険の会社は地方ごとに事故拠点があるようなこともありますので連絡したときの対応も満足でき現場で行う処理もしっかりと指示をくれると好評です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.runatrade.com All Rights Reserved.