トップイメージ

「スプレッド」とは外為は通貨を売買の注文をして利ざやを得る商品です。クリスタルローズ 効果

売買の注文の値段は、四六時中動いています。http://www.vanguardz.com/

これが為替相場です。見栄 消費

テレビのニュースをみていると為替の話題が流れる時があります。静岡市 保育士求人

よくあるのが「今の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。デスク激安

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表現しています。ソリオ 査定

別の言い方をすると、FXには買値と売値の値段が存在します。若ハゲ 薄毛 治療

売値のことをビット、買値の事をアスクと表現している業者もあります。クリバース

通常は買値よりも売値が低い値段に定められています。ティアモ クラッシー

実際に買値は高く、売値は安くなっています。ビフィーナS

その差分をスプレッドといい会社の利益の1つになっています。

スプレッドの幅はFX会社によって変わります。

スプレッドは利用者にとって手数料になるので、低い取引会社をセレクトしたほうが有利になります。

ただし、同じFX会社でも場合によってスプレッドの差は広くなったり狭くなったりします。

もしドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの広さとは言ってもマーケットの動きがとても激しい状態では広くなったりします。

という事で、スプレッド幅が狭いのと安定しているということが不可欠です。

この頃では変わらないスプレッドの狭さを示すFX業者も多数あったりします。

実際にFX会社のトレード画面で実際の為替相場を確かめなければ区別できないので面倒くさいですが、とても重要なことです。

大事な財産を投じてトレードをするわけですから、実際のエントリーの前に魅力的に思えたFX会社の新しい口座開設をして提示されているスプレッドの狭さを確認しましょう。

同じ外貨でも、その時点の為替の変動率によって通貨のスプレッドの狭さは異なることがあります。

おおむね、インターバンク市場で取引量の多い米ドル/ 円やユーロ/ 円、ユーロ/ ドルではスプレッドの広さが狭く、この他の外貨では広くなる傾向にあります。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.runatrade.com All Rights Reserved.