トップイメージ

民事再生による整理は住宅ローンなどを含めた重債務に悩む個人を救済するために、住居を手放すことなく金銭管理の面で立ち直るために法的な機関による債務整理の手段としてはじまったルールです。75-9-51

破産手続きとは違って免責不許可となる要件がないので投機などで借金を作ったようなときでも手続きは問題ないですし破産手続きをすれば業務禁止になる業界で収入を得ているような人でも手続きはできます。75-12-51

破産宣告では、マイホームを保有したままにすることは無理ですし特定調停等では元金自体は返していくことが必要ですので住宅ローン等も払いつつ払っていくのは実際問題として困難だと思われます。75-19-51

とはいえ、民事再生という手順を採用することができれば、住宅のためのローンのほかの借金については額を圧縮することもできますので余裕を持ちつつ住宅のためのローンを返しながらそのほかのローンを払っていくようにできるということになります。75-15-51

しかし、民事再生による整理は任意整理または特定調停といった処理と違って一定の債務を除外して処理していくことは許されていませんし、破産宣告の際のように返済義務が帳消しになるということでもありません。75-16-51

さらには、これとは別の解決手順と比べるとある程度手間が必要ですので、住宅のローンを組んでいて住居を手放すわけにはいかないような状況等以外において破産宣告などのその他の整理ができない時の最後に考える手続きとしておいた方がいいでしょう。75-6-51

75-8-5175-13-5175-17-5175-11-51

サイトMENU

Copyright © 1998 www.runatrade.com All Rights Reserved.