トップイメージ
今回は為替取引についての根本的原因に関する説明をしたいと思います。為替は「お金の送付をしなくても金銭のやり取りの意図を遂げること」です。通常為替の市場はたいてい外国の為替の事を示すという人が多いのです。外国の為替というのは二つの国の金銭の換金のことを言います。他国へ旅行(シンガポール、台湾、アメリカなど)などしたことがあれば、ほとんどの方が国際の為替の取引をしたことがあると思います。銀行窓口に行って他国の金銭へと両替をするのであれば、それはまさに為替という事です。為替の相場というのは、買い手と売りたいと思う人の値段を表したものです。銀行同士の取引によって決定されます。それはマーケットメイカーと呼ばれる世界の複数の銀行なのです。為替のレートはたくさんの余波を受けながら休まずリアルタイムに変動して行きます。為替を動かして行く要因になるのは、ファンダメンタルズというのが考えられます。ファンダメンタルズが示すのは経済の動き、経済の基盤やいろいろな要素のことを言います。国の経済の拡大や物価の指数、通貨政策、経常収支、失業者の割合、有力者の一言などのことが作用して相場は変化するのです。中でも国際収支と失業率は重要ポイントと思います。国際収支とは日本でいえば財務省からの命令で日本銀行が貿易統計を使って作成した外国との任意の時期の経済取引を記載したものです。統計は行政機関や日銀のホームページ等で知ることができます。就労者の統計、失業者の割合も重要視される場合が多い一因だと言われます。とりわけ米国就業者の統計は影響します。月に一回公にされ、検証の範囲がワイドなことがポイントです。為替相場の変動は国の経済の動きであると言えます。国の経済の動きを調査することで為替レートの変動見通しが可能と言えます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.runatrade.com All Rights Reserved.