トップイメージ

現金化を目的に新幹線の乗車チケット等を複数枚決済してしまう>クレジットショッピング枠のキャッシュ化というもの使わずに換金目的をもってクレカで決済をするというのも同じ事です。

お金に変えるのを意図しているカードのショッピングであれば、カードのルール違反と見做されるためです。

必要以上の乗車券の他切手販売などでの利用では、最悪現金化する目的じゃないか??という風に睨まれてしまうこともあるため気をつけることが必須です使用時点においてキャシング利用可能枠が限度になられている人の場合電車の回数券などを購買しようとすることだけでクレカの会社の方から連絡が来てしまう場合があるので、経済状態が悪い時のカード使用についてはさせないようになっているのでしょう。

経済的に困っている際に頭をよぎるものは誰でも、似ているなのです。

カード会社の立場からみて芳しくない使用法をする:過去に話題だった『永久機関』のようなクレカの会社の立場からみて全然メリットにならないルールに違反した取引を行った場合には、クレジットカード会社の判断によって強制失効という扱いになってしまう場合すら存在します。

インターネットで話題となったポイントの不正搾取などの世の中に知られていない秘密の手段などというものがある場合でも、そのようなやり方というものはクレカの規定違反になるのでまず行わないようにして頂きたい。

強制没収となった内容については他のカード会社へ知られる・・・クレカを没収させられてしまっても他の会社のカードについては使用できるのであるから一社ならばいいのではないか?とか考えるあなたは現代の情報流通社会ではその考えが信用を失う危険性があるでしょう。

なぜなら、そもそも強制退会させられてしまうような事態にっなってしまうと、クレカの会社により閲覧出来る信用機関にそういったカード情報が記録されてしまうことで登録された人の信用がなくなってしまう事例もあるためです。

所有しているたったひとつですらクレカを失効扱いになると他社のカードでさえも契約しにくくなってしまいますし、更には今所有しているクレジットカードを強制退会扱いになる事態もなくはないでしょう。

それは免れて引き続き利用できるケースでも使用期限満了の際に更新できなくなることもあり得ます。

とにかくしつこいほど記載させてもらっているが、強制退会という扱いになってしまうような使い方はすることがないよう、カードを使用して頂きたいと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.runatrade.com All Rights Reserved.