トップイメージ
車を売る場合、中古車の査定の際も印鑑証明がなければなりません。この印鑑証明という書類に関して説明しましょう。印鑑証明というのはその印鑑が実印であることを裏付ける目的を持つものです。この書類がないのであれば、使っている印鑑が実印であるということが実証できません。大きなお金が動く商談になる車両の売却なのでどうしても実印が必要ですが、その時に印鑑証明という書類が出てきます。印鑑証明書を発行するには事前に印鑑証明しなければなりません。書類に登録するはんこは普通、実印と呼ばれていて、世界で唯一の印鑑であることが条件です。実印を準備して役場の案内係に行くことで、印鑑登録をすることができます。手続きが終わると、印鑑登録カードなるものが交付され、登録が完了したはんこは実印として使えるようになったということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうには、役所へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記入して、印鑑登録カードを持って行くだけです。また自動交付機で印鑑証明を発行することができます。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。ですから、いつの印鑑証明だとしても効力は持続するということになります。ですが自動車買取の際は、印鑑証明は3ヶ月以内に交付されたものでなければなりません。通常は有効期限を気にする必要はありませんが、自動車の買い取りの時は相手側が必須となる有効期限を教えてくれるのでもし愛車の買い取りを考えている場合は、売却前に用意しておくとスムーズに進みます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.runatrade.com All Rights Reserved.