トップイメージ
融資を受けた際、返済自体をする時には利息分を含めての払いになるのは誰もが知っていると思います。銀行又は金融機関は経営の利益をターゲットにした企業ですから無論問題ありません。とは言ってもお金を返す方は、わすかでも少なく返済したいと考えるのが本音でしょう。利息制限法が設けられる以前は年率30%近い利子返済していましたが、設けられてからは高利息でも年間18%位とかなり低く決められているので、随分お得になった気がします。今日のキャッシングの利率の枠は4%位から18%位の間が設定されていて、利用限度額により決められます。利用上限額は申請者の査定によって決定されます。総量制限により収入の1/3までと定められていますので、年の収入がどれほどあるのか?どういった職についているのか?カードの使用状態はどうなのか?あれこれ確認され与信限度額としてカードの内容が決められます。カードを使ったローンの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各会社で内容は一様ではありません)と広い枠があります。こうしてその間の中で決定した使用可能金額により利息も決まるはずです。50万円なら年率18%、300万円なら年間12%、800万円なら4%といった具合になります。いわば、査定が上がれば、与信限度額も良くなり、利子も低くなります。このことに矛盾を抱くのは私だけでしょうか?余談となりますが、銀行又は金融機関にとって、これらは問題がない事のはずですが、収入の高額な人がキャッシングローンが必要と思えませんし、万一キャッシングしたとしても利息がどうであるとお金の支払いに苦労する事はないです。反対に年収の少ない人は即座にお金が必要なので借り入れを行う方がいて、利率が多いと返済に悩むことになります。ですから利用可能範囲の良くない人こそ低利子で利用できるようにするべきなのではないでしょうか。この見方は利用する視点からの意見となります。これらを踏まえて、利率を安くする為にはどのようにすれば良いのかぼんやりと理解したはずです。事実、これから述べる方法で、申し出をする人がほとんどなので知らせますと、キャッシングサービスの手続きをする際、年収の1/3ぎりぎりの金額まで申し込むのです。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円で申し込み、カード審査で全金額通ればそれだけ利子が良いカードを持つことができるはずです。であっても全額キャッシングしなければいけないというわけではありません。15万円でも20万円でも必要な分だけ使用可能です。さらに最高利用範囲が300万円で最低利率7%位の金融会社もあります。そちらを申し込めばその会社の最低利子で受ける事ができるようになります。どうでしょうか?見方次第で低利息のキャッシングできるカードを持参することが出来るようになります。自身の一年の収入と金融業者の金利を比較し、調べる事に時間を掛ければ、より望ましい条件で返済ができるため、きちんと確認するようにする必要があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.runatrade.com All Rights Reserved.